IoTで高齢者の健康管理 ソニー、スマホ事業の転換目指す

高齢者の体調管理に使用するソニーモバイルコミュニケーションズのリストバンド型端末
高齢者の体調管理に使用するソニーモバイルコミュニケーションズのリストバンド型端末【拡大】

 ソニーが、多様な機器がネットワークにつながる「モノのインターネット(IoT)」や、スマートフォンを利用した健康関連事業に注力している。26日には高齢者の体調を管理する新サービスを始めると発表。スマホ事業で端末販売に依存する収益構造からの転換を目指す。

 ソニーモバイルコミュニケーションズの新サービスは、主に介護施設での利用を想定。リストバンド型の端末で睡眠や食事の時間をネット上に記録し、足に着ける専用センサーで筋力を調べる。測定データは人工知能(AI)が分析して最適な運動方法を提案。筋力維持や認知症の予防に役立つという。

 ソニーは今年2月、IoTを使って従業員の生活習慣を改善する企業向けサービスを開始。スマホで食事を撮影すると、専用のアプリを通じてAIが画像を解析し、適切な食事内容を指示してくれる。

 ソニーがこうした事業に取り組むのは、スマホの新製品で大幅な販売増加を期待しにくいからだ。市場では米アップルのスマホ「iPhone(アイフォーン)」が優勢で、ソニーなど他社の製品は目新しさが少なくなっている。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。