【ハザードマップ】ヤマイチ合坂商店/蛸屋菓子店 (1/2ページ)

 ■多店舗化で拡大、借入金が負担に

 ▼ヤマイチ合坂商店 ヤマイチ合坂商店は9月7日、釧路地裁から破産開始決定を受けた。

 同社は1971年6月に創業した水産物の加工販売業者。地元で水揚げされたタコ、ホッケ、秋サケ、サンマなどを取り扱い、2001年頃までの売上高は年間2億円台で推移していた。04年以降は積極的な設備投資で増収となったほか、関連の龍華貿易を経由して中国などへ輸出、売り上げをさらに伸ばした。

 イカが豊漁となった13年12月期は過去最高となる約16億200万円の売上高を計上した。

 しかし、イカの水揚げ量の落ち込みに伴い売り上げは減少。16年5月期(決算期変更)の売上高は約4億5100万円にとどまり、業況が回復しないため、工場の操業を停止し、今回の措置となった。漁具の修理および再生販売を手掛けていた関連の日中商事と龍華貿易もヤマイチ合坂商店に連鎖し、破産開始決定を受けた。

 ▼蛸屋菓子店 蛸屋菓子店は8月31日、東京地裁から会社更生開始決定を受けた。

 蛸屋菓子店は元禄11(1698)年に仙台藩(現在の宮城県)で「赤壁楼」の名称で和菓子屋を創業したのが始まりといわれている。戦時中は一時休業していたが、戦後に栃木県小山市へ移転し、和菓子屋を再開した。「御菓子司蛸屋総本店」の店舗名で栃木県内を中心に、茨城県、埼玉県、群馬県に102店舗(FC店を含む)を展開し、「たこ壺もなか」「陣内評定餅」「栗石がえし」「みかもの月」などの自社商品を販売してきた。ピークとなる1990年8月期には約22億円の売上高を計上していた。

今、あなたにオススメ
Recommended by