【株式ニューカマー】深層学習技術で幅広い分野の課題解決 (2/2ページ)


【拡大】

 --自動運転分野では既にトヨタ自動車と協業しているが、他の分野は

 「いくつかの分野が考えられるが、例えば医療では、レントゲン写真に画像認識技術を加えると、画像を手掛かりに病気を見つけることができるようになる。AIを使った診断のサポートを通じて、医師の生産性を上げるのに役立てられる」

                  ◇

【プロフィル】上野山勝也

 うえのやま・かつや 東大工学系研究科修了。2007年ボストンコンサルティンググループ入社。12年AppReSearch(現PKSHA Technology)設立、取締役に就く。16年6月から現職。35歳。大阪府出身。

                  ◇

【会社概要】PKSHA Technology

 ▽本社=東京都文京区本郷2-35-10 本郷瀬川ビル4階

 ▽設立=2012年10月

 ▽資本金=2億465万円 (6月末時点)

 ▽従業員=30人

 ▽売上高=8億9000万円(17年9月期予想)

 ▽事業内容=ディープラーニング(深層学習)や自然言語処理技術を活用したプログラム「アルゴリズムモジュール」の開発提供など

今、あなたにオススメ
Recommended by