オリックス・レンテック、町田にショールーム ロボットの操作性を実体験

ショールーム「東京ロボットラボ2」
ショールーム「東京ロボットラボ2」【拡大】

 オリックス・レンテック(東京都品川区)は、東京都町田市の東京技術センターにロボットのショールーム「東京ロボットラボ2」を9月27日に開設した。レンタル業界で初めて、複数メーカーの自動搬送ロボットを常設展示し、動作や操作性を実体験できる。

 ショールームは延べ床面積125平方メートル。自動搬送ロボが試走できる場所を設け、レーザースキャナーで周囲の空間距離を計測しながら走行する様子などを間近に見ることができる。

 自動搬送ロボットのほか、清掃ロボット、電動アーム、アシストスーツなど7社8製品をそろえ、来場者はそれぞれのロボットを比較検討できる。

 同社は2016年4月からロボットのレンタルサービスを始めている。今年1月には、最新型次世代ロボットのショールーム「東京ロボットラボ」を同じ東京技術センターのなかに開設しており、今回の施設はこれに続くもの。