【知恵の経営】“お尻を洗う”文化を創造 (2/2ページ)

 マーケティングでも82年9月からテレビコマーシャルで「おしりだって、洗ってほしい」というキャッチコピーで大きな衝撃を視聴者に与えた。これも普及の大きな要因となった。ホテルやオフィスビルなど公共の場に設置して消費者に体験してもらう施策を打ち、ウォシュレットマップを作成して、どこに行けば一人でも多くの人々に体験してもらえるかという取り組みも実施した。

 一方、海外にも積極展開している。年々増加する訪日外国人観光客らに快適さを知ってもらうため、成田空港内に最新機能を搭載したトイレを体感できる「ギャラリーTOTO」を設けている。海外でも日本と同様に富裕層が宿泊する高級ホテルや空港などに納入して体験してもらっている。

 同社は快適さ・環境配慮(省エネ)・衛生面にこだわった、毎日使う水まわり機器を提供し続け、特に温水洗浄便座では「お尻は拭くものではなく、洗うもの」という新しいトイレ習慣(池)を創り、そこで巨大な池クジラとなった。そしてその池を世界に拡げつつある。

                   ◇

【会社概要】アタックスグループ

 顧客企業1700社、スタッフ170人の会計事務所兼総合コンサルティング会社。「社長の最良の相談相手」をモットーに、東京、名古屋、大阪、静岡でサービスを展開している。

今、あなたにオススメ
Recommended by