【高論卓説】豪雨と温暖化 放置人工林活用で森林再生急げ (1/2ページ)

 夏になると記録的豪雨による水害が、毎年のように列島を襲う。2012年の九州北部豪雨、14年の広島土砂災害、15年の関東・東北豪雨、そして今夏も九州北部を豪雨が襲った。河川の氾濫や土砂崩れなどで被害は甚大だった。豪雨の原因として地球温暖化に伴う海面温度の上昇が関係していると指摘される。今夏の九州北部豪雨では、流木が土砂とともに押し寄せ、民家を壊すなど被害を拡大させた。

 針葉樹で覆われた山肌が木々とともに崩れたのは、“観測史上最多”を記録した雨量のせいだけでもないようだ。わが国は国土の66%が森林。人が植栽した人工林がその4割を占める。今、問題なのは間伐などの手入れがない放置人工林が増えていることである。放置人工林の木々はしっかりと根が張っていないため、管理された人工林と比べると保水力は小さく、洪水を緩和する機能も弱い。このためか、山肌の表層部が木々を巻き込み崩れる現象も起こりやすい。

 また、間伐しないと、日光が遮られるためコケも生えず、生物多様性に影響を及ぼす。収穫の秋を迎えているが、本来は警戒心の強いイノシシやツキノワグマが人里に下りてくるのは、森が痩せて食料がなくなっているのも一因だろう。

 一方、昨夏に関東圏は深刻な渇水に直面した。これに対し、今夏は渇水にはならなかった。違いは、冬場の降雪量にあった。

 上越国境の山間部は、日本でも有数の豪雪地帯だ。「山に降った雪は春になって溶けるまで、雪の形で水をためている。雨は水なので川から海へと、すぐに流れてしまうのとは違う。地球温暖化が進むと雨が増え、降雪は減っていく」(サントリーグローバルイノベーションセンター水科学研究所)

今、あなたにオススメ
Recommended by