オプティム、佐賀大に本店を移転

 ソフトウエア開発のオプティムは20日、佐賀本店を佐賀大学本庄キャンパス(佐賀市)に移転、先端技術と地域が融合したイノベーションの起点となる「オプティム・イノベーションパーク」を開園する。東証1部上場企業の本店を国立大学の構内に置くのは、初めての試み。

 オプティムやパートナー企業のサービス・技術を紹介するパビリオンや、地元の農業法人と連携して運営する「オプティム・カフェ」などの施設を設置する。キャンパス内にはドローンをはじめとしたロボティクス技術の研究開発拠点も併設する。両者はこれまで、農業や医療分野で共同研究を行ってきた。