【PC Watch】パナソニック「レッツノート」 カスタマイズ15周年で記念モデル デザイン天板も (1/2ページ)

パナソニックの「ehada」
パナソニックの「ehada」【拡大】

 パナソニックは「カスタマイズレッツノート」15周年を記念し、レッツノート記念モデルを10月13日に発売する。

 発売されるのは12型2in1「XZ6」シリーズ(税別26万4800円~)と同プレミアムエディション(同30万8800円~)、12.1型PC「SZ6」シリーズ(同22万6800円~)と同プレミアムエディション(同26万4228円~)、10.1型2in1「RZ6」シリーズ(同19万6800円~)とプレミアムエディション(同28万2228円~)、14型PC「LX6」シリーズ(同21万9800円~)とプレミアムエディション(同25万9228円~)。

 それらに加えて、SZ6の15周年プレミアムエディション「CF-SZ6X15QP」および、記念デザイン天板の「ehada」も発売。価格はCF-SZ6X15QPが税別43万2000円から、ehada天板の価格は同1万5000円。

 CF-SZ6X15QPは、CPUにCore i7-7600U(2.8ギガヘルツ、vPro対応)、16ギガバイトメモリー、2テラバイトSSD(1テラバイト+1テラバイト)、ウィンドウズ10プロを搭載し、LTEモジュールによるWAN通信にも対応する。光を当てると輝く「Full Star Black」天板を採用するほか、シリアルナンバー入り銘板も備えている。台数は200台限定。

新規顧客の獲得も目指す