アクロディア ボール型計測器で球質を“見える化” プロからアマまで幅広い活用想定

投球の速度や回転数などを“見える化”する野球ボール型計測器「テクニカルピッチ」
投球の速度や回転数などを“見える化”する野球ボール型計測器「テクニカルピッチ」【拡大】

 スマートフォン向けソリューション開発を手掛けるアクロディアは、野球ボール型の計測器「テクニカルピッチ」を発売した。ボールに内蔵されたセンサーで投球のデータを取得し、スマートフォンにインストールした専用アプリケーションと連動させて、速度や回転数などを計測する。投手の球質を“見える化”することで、試合前のコンディショニング確認や、選手のスカウティング(偵察)などプロからアマチュアまで幅広い活用が想定される。

 野球の硬式球と同じ球質、質量、バランスなので投球時に違和感がない。内部のセンサーはアルプス電気が開発。ボールを捕球したときの衝撃を検出。センサーが取り込んだデータをスマホに転送し、球速、回転数、回転軸、球種、変化量、腕の振りの強さを計測する。個人向けに2万1060円で販売するほか、多数の機器を使用するチーム向けのレンタルも計画している。