ロールスロイスかフェラーリか… ヒット曲に登場する「自動車ブランド」1位は? (1/3ページ)

ロールスロイスの最高級モデル、レイス(ブルームバーグ)
ロールスロイスの最高級モデル、レイス(ブルームバーグ)【拡大】

 「ベンツを止めて、レイスに乗る」-。ドレイクの曲「ポートランド」に挿入されている、クエヴォによるラップの歌詞だ。この曲は今年の音楽チャートで最高9位を記録した。彼が大興奮しているレイスとは、英高級車メーカー、ロールスロイスが製造する30万ドル(約3390万円)の自動車のこと。人気の楽曲にどのブランドの自動車よりも多く登場し、ひそかにポップカルチャー音楽で歌われる車の王者となった。

 「カッコよさ」の指標

 ブルームバーグは2014年5月から17年5月までに「ビルボード・ホット100」の20位以内に入った楽曲の歌詞を分析し、使われている製品やブランドを数えた。同じ曲に複数回登場する場合は、1回とカウントしている。

 ヒップホップの流行に伴い、アーティストは憧れや地位の象徴として、歌詞にブランド名を出すことが多くなった。そのため、歌詞はブランドのカッコよさを測る優れたバロメーターになるが、マーケティング戦略次第で急速に魅力が薄れてしまう。ブルームバーグが分析したところ、調査期間中でよく歌詞に使われていた12製品中8つが自動車だった。

 自動車のブランドで最も人気なのはロールスロイスだ。フューチャーやザ・ウイークエンド、コダック・ブラックといったアーティストによる11曲に登場する。僅差の2位はフェラーリ。シボレー、ランボルギーニ、ベントレー、キャデラック、メルセデス・ベンツ、ポルシェなどのブランドも数曲で使われている。自動車以外では、ヘネシーのコニャック、ナイキのエアジョーダンといった定番の商品が多く使われている。そして同分析によって、アルコールや銃、衣類、超高級品だけでなく、ソフトウエアや調理器具、ガーゼ付きばんそうこうまでもが歌詞に使われていることが明らかになった。

報酬は発生するのか