富士通やパナ、健康管理にAIなど応用 シーテックで最先端技術を披露

富士通が参考出展した健康をアドバイスするシステムは、血管年齢や心拍・ストレス度などがチェックできる=3日、千葉市美浜区(納冨康撮影)
富士通が参考出展した健康をアドバイスするシステムは、血管年齢や心拍・ストレス度などがチェックできる=3日、千葉市美浜区(納冨康撮影)【拡大】

  • 富士通の健康をアドバイスするエージェントデバイスによって血管年齢、心拍・ストレス度がチェックできる=3日、千葉市の幕張メッセ

 最新デジタル家電やITの展示会「CEATEC(シーテック)ジャパン2017」が3日、千葉市の幕張メッセで開幕した。人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)など最先端技術が脚光を浴びる中、それらを駆使し健康管理・増進に役立てるデモなどが各社から披露された。

 富士通は、人が鏡の前に立つと、AIがその人に合った健康に関する助言をしてくれるシステムを参考出展した。鏡の一部を指で触れると内蔵センサーが脈波を取得。そのデータを独自の計算式で解析し、動脈硬化など血管年齢やストレスを受けている度合いを測定する。

 さらにマイクを通じ集めた声の抑揚から「元気度」を測る技術を組み合わせ、ディスプレーに見立てた鏡に健康状態と「ストレッチなどをするといいでしょう」といった助言も表示する。

 生活習慣病予防に絞った提案をするのがパナソニックの「カロリエコ」だ。電子レンジのような形をした機器だが、皿などに盛り付けた状態の料理を入れると、カロリーや三大栄養素(タンパク質など)の含有量をわずか10秒ではじき出す。

 近赤外線光を料理に当てて栄養素などを測る仕組みで、カロリー計算の面倒が省ける。糖尿病が疑われる成人の推計が1000万人に上り生活習慣病対策が社会的課題に浮上していることが開発の背景にあり、病院など施設への導入が想定されている。

 一方、ロームは脈波センサーを埋め込んだ指輪型機器の試作機を開発。腕まくりしなくても指にはめるだけで血圧などの数値をスマートフォンで確かめられる。展示会では、そのセンサーを車のハンドル部分に取り付け、運転者の指から脈波データを取って安全運転に不安がないか点検できる事例を公開した。

今、あなたにオススメ
Recommended by