長谷工コーポレーション、マンションの外観や室内の立体映像を簡単に作成

VR体験機器による実演。あらゆる住戸のバーチャル空間を自由に動き回ることができる=4日、東京都港区(伊藤俊祐撮影)
VR体験機器による実演。あらゆる住戸のバーチャル空間を自由に動き回ることができる=4日、東京都港区(伊藤俊祐撮影)【拡大】

 長谷工コーポレーションは4日、コンピューター上で仮想の建物を詳細に設計する技術「BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)」のデータを活用し、マンションの外観や室内の3次元(3D)映像を閲覧できるソフトウエアを開発したと発表した。パナソニックの仮想現実(VR)技術を活用。立体映像のデータを一から作るのに比べ、開発にかかる時間や費用を減らせる。