アサヒ、ビール類値上げを正式発表 他社に波及の可能性も 来年3月、業務用中心に10%前後

 アサヒビールは4日、ビール類(発泡酒は含まない)の一部について、業務用を中心に来年3月1日出荷分から値上げすると発表した。対象商品は、たる詰めや瓶など容器を回収するタイプの商品で缶は含まれない。居酒屋などで提供される酎ハイ向け焼酎なども値上げする。値上げ幅は明らかにしていないが、10%前後とみられる。人手不足に伴う物流費の高騰などコスト上昇に対応。値上げは平成20年3月以来、10年ぶりだ。

 同業他社で値上げを表明しているメーカーは現時点ではないが、「課題は共通している」(キリンビール幹部)、「コストや市場環境を踏まえ、価格改定については常に検討している」(サントリービール幹部)などとしており、値上げが広がる可能性もある。

 アサヒの値上げは6月の酒の安売り規制強化で、原価を下回る価格での販売が取り締まり対象となったからだ。物流費の高騰に加え、たるや瓶は回収・洗浄でコストがかさむ。ビール離れで出荷量が落ち込んだ結果、固定費負担が増えたことも生産コストを押し上げている。

 値上げは卸会社へのメーカー出荷価格で、飲食店やスーパーなどの最終的な価格は小売り側が決める。とくに居酒屋などの飲食店は安売り規制の対象外だ。

 それでも卸会社からの仕入れ価格上昇を通じ、影響が出始めている。既に、居酒屋チェーンの鳥貴族は1日にビール類を含む全商品の値上げに踏み切った。