9月の米新車販売6.1%増、トヨタ牽引 ハービー被害で買い替え促進 (1/2ページ)

ハリケーン「ハービー」は住宅や自動車に大きな被害をもたらした=8月26日、米テキサス州ロックポート(AP)
ハリケーン「ハービー」は住宅や自動車に大きな被害をもたらした=8月26日、米テキサス州ロックポート(AP)【拡大】

 9月の米国新車販売台数は南部を襲ったハリケーン「ハービー」の被害による買い替え需要を追い風に、今年に入って初めて拡大した。牽引(けんいん)役となったのはトヨタ自動車で、前年同月比15%増の22万5532台と全社中で最も高い伸びを示した。販売シェアも米フォード・モーターの22万1643台を抜き、27万9397台を販売した米ゼネラル・モーターズ(GM)に次ぐ2位の座に浮上した。

 05年7月以来の最高

 9月の米新車販売は3日発表した大手メーカーの全てがアナリスト予想を上回る販売台数となり、市場全体が好調だった。調査会社オートデータによると、9月の業界全体での新車販売台数は同6.1%増の152万3867台となり、季節調整後ベースの年率換算で1860万台と、2005年7月以来の最高となった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト予想平均は1740万台だった。

 米新車市場は販売台数が過去最高だった16年と異なり、17年は年初から販売が落ち込んでいた。このため、多大な損害をもたらしたハービーは、自動車業界にとってはカンフル剤となった可能性がある。

 自動車購入ウェブサイト、オートトレーダー・ドット・コムのアナリスト、ミシェル・クレブス氏は電話で「嵐が去った後、人々は速やかに自動車販売店に出向いた」と指摘。この動向は「10月、場合によっては11月にかけて続く見通しだ」と話した。

 トヨタはクロスオーバー「RAV4」が同44%増と大きく伸ばし、全体を押し上げた。セダンの主力である新型「カムリ」も好調で、ライトトラック部門も29%の伸びとなった。

大口顧客向けが好調