米化粧品ブランド、38商品自主回収

 植物由来の原料を使った米国発祥の高級化粧品ブランド「ジョンマスターオーガニック」が、日本国内で販売しているシャンプーなど38商品約121万個を自主回収していることが4日、分かった。「100%天然由来成分配合」とし、女性の人気を集めていたが、化合物のシリコーンなどが含まれていた。健康被害の報告はないという。

 自主回収するのは、2016年9月8日~17年9月21日に米国工場で製造されたシャンプーやコンディショナーなど。国内で販売する全商品の約2割に当たる。商品ラベルに記載のない化合物が含まれていたり、使っていない植物由来成分を記載していたりしていた。

 販売元「ジョンマスターオーガニックグループ」(東京)の担当者は原因を調査中としている。問い合わせは平日の午前10時~午後6時、通話無料の同社製品自主回収窓口フリーダイヤル0120・744・030。

今、あなたにオススメ
Recommended by