【高論卓説】地熱発電、にわかに脚光 副産物「温水」が地域振興に一役 (1/2ページ)

 再生可能エネルギーのうち、天候に左右されず、安定的かつ長期に発電できる地熱発電が、にわかに脚光を浴びている。設備更新が決まった宮城県大崎市の鬼首(おにこうべ)地熱発電所、秋田県湯沢市で安定して発電する上(うえ)の岱(たい)地熱発電所、同市で2019年の運転開始に向け着工した山葵沢(わさびざわ)地熱発電所を訪ねた。

 110もの活火山を擁する日本列島。火山の下にはマグマたまりがあり、岩石や水を熱して高温の蒸気と熱水を閉じこめた地熱貯留層をつくることがある。地熱発電では、地下1キロ~数キロに広がる地熱貯留層へ井戸を掘り、高温高圧の蒸気と熱水を得る。蒸気はタービンを回して発電し、熱水は別の井戸から地下の貯留層へ返す。

 日本の地熱資源は世界3位の2万3470メガワット。ところが、発電設備容量は544メガワット(15年)で、2%しか開発されていない。約8割が国立・国定公園内にあり、開発が規制されてきたためだ。

 環境省は12年、国立・国定公園内での地熱開発について、第2種、第3種特別地域内でも条件を満たせば開発できるとした。15年には、第1種地域でも条件付きで傾斜掘りを認めた。この規制緩和で、開発検討対象が資源量の7割に広がった。再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度も、地熱発電を後押しする。

 30年度には地熱発電を現在の3倍にする目標を国が掲げたことから、全国50カ所以上で調査が進んでいる。万キロワット級の大規模発電所としては23年ぶりとなる山葵沢地熱発電所、八幡平発電所(岩手県八幡平市)の建設も始まったところだ。

「地熱」熱に沸く地域