空港内保育園、視界は良好 不規則勤務に対応、人材確保へ増加 (1/2ページ)

羽田空港の七夕飾りの前で合唱する、「羽田空港アンジュ保育園」の園児たち
羽田空港の七夕飾りの前で合唱する、「羽田空港アンジュ保育園」の園児たち【拡大】

 保育園を設置する空港が増え始め、勤務時間が不規則で天候にも左右されやすい航空・空港職員に支持されている。子供の誕生で退職する人が多かったが、「おかげで仕事を続けられる」と感謝の声も。2020年東京五輪・パラリンピックに向け、訪日客を迎える人材の確保に重要な役割も担う。

 7月7日、羽田空港の国内線出発ロビー。七夕のササ飾りを前に、浴衣姿の子供たちの声が響き渡った。合唱したのは第1ターミナルビル内にある「羽田空港アンジュ保育園」の園児たち。こうした空港内のイベントに引っ張りだこだ。

 開園は10年前。園によると、当初は地元の保育園に空きが出るまでの「一時預け先」に見られがちだった。だが職場に近い上、午前7時から午後11時まで預けられることから、需要は高まり入園待ちも出る状態に。今年4月、さらに第2の園をオープンさせた。

 長男(5)を入園させる全日空の客室乗務員(CA)、日暮章子さん(49)は出産後しばらくして職場復帰し、今は国際線のロングフライトも月2回ほどこなす。大雪で急遽(きゅうきょ)乗務を打診され、園に相談して午前5時ごろから預けたこともあり、「空港の保育園なしに仕事はできなかった」と言葉に実感を込める。

 今ある中で設置が最も古いのは04年の成田空港だ。昨年以降は中部、鹿児島、関西の各空港でも相次いで開園した。

 鹿児島空港では約1800人が働く。ターミナルビル運営会社は、出産に伴う離職者が増えたことから「空港特有の勤務に合わせた保育園が必要」と、昨年4月に「鹿児島空港わらべ保育園」の設置にこぎ着けた。

今では他空港の関係者も見学に