元本3倍の敏腕投資家も 東商取コンテスト 192人が参加 (1/2ページ)

東京商品取引所のトレーディングフロア(ブルームバーグ)
東京商品取引所のトレーディングフロア(ブルームバーグ)【拡大】

 商品先物を取り扱う東京商品取引所が今夏開催した「TOCOMリアルトレードコンテスト」。個人投資家が実際に資金を投じた取引で順位を競ったこのコンテストで、約2カ月半の期間に成績トップを収めた敏腕トレーダーは元本を3倍弱にまで増やした。

 ◆国内初の取り組み

 実際の取引で順位を競うという取引所主催のコンテストは国内初の取り組みで、最低投資金額は100万円。6月19日から8月31日までの期間で利益率を競った。コンテスト参加企業である商品先物取引会社15社に口座を持つ個人投資家192人が参加した。利益を確保した比率は44%、損失を出したのは56%だった。

 東商取の浜田隆道社長は「商品先物取引で利益を得ている個人投資家がいることを広く知ってもらいたいとの思いで始めた」と開催の狙いを語る。だが、高い利益率を示した参加者の実績には驚いた様子。「2カ月半で3倍になる金融商品は他にはほとんどない。コモディティー投資の面白さを示すことができた」と説明する。市場活性化につなげるため来年以降、年2回のコンテスト開催を計画している。

 元本を2.3倍として2位となったのはニックネーム「花火」さんこと奈良県在住の会社員、田之上拓己さん(43)。商品先物の投資歴は15年と長く、主に金と原油の「買い」の取引で利益を上げた。

 田之上さんが重視するのは米商品先物取引委員会(CFTC)が毎週1回発表するヘッジファンドなどの投機家の取引データ。6月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の利上げを受け、金利の付かない金についてはファンドによる買越幅が急減していることに注目。過去の利上げ後の動きを分析すると、ファンドのポジションが一度解消された後、再び積み上がる傾向が続いていることもあり、価格下落リスクは少ないと判断して「買い」のポジションを取った。その後、金価格は上昇し、利益につながった。

今、あなたにオススメ
Recommended by