【Sakeから観光立国】実力派ぞろいの「酒サムライ」新たに5人、京都で叙任式 (2/2ページ)

(右から)前垣壽宏会長と、新たに酒サムライとなった愛葉宣明、落合雪乃、森田隼人、ミッキー・チャン、モニカ・サミュエルの各氏、ミス日本酒の田中梨乃さん=9月27日、京都市西京区の松尾大社
(右から)前垣壽宏会長と、新たに酒サムライとなった愛葉宣明、落合雪乃、森田隼人、ミッキー・チャン、モニカ・サミュエルの各氏、ミス日本酒の田中梨乃さん=9月27日、京都市西京区の松尾大社【拡大】

 叙任式は、日本第一の酒造神と敬われている松尾大社での正式参拝に始まり、神楽の奉納、叙任式、新しい酒サムライたちの記者会見の後、京都の酒サムライ、村田吉弘氏が主人を務める名店、菊の井で祝宴が開かれた。

 酒サムライの叙任式をみていると、日本酒は単なる嗜好(しこう)品ではなく、日本の風土、民族が育んできたものであり、日本の文化を色濃くまとったものであると訴えてくる。

 新しい酒サムライは、それを大きな自信と誇りとして、ますます大きく羽ばたいてほしい。

【プロフィル】平出淑恵

 ひらいで・としえ 1962年東京生まれ。83年、日本航空入社、国際線担当客室乗務員を経て、2011年、コーポ・サチを設立、社長に就任。世界最大規模のワイン審査会、インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)のアンバサダー。日本ソムリエ協会理事、日本酒蔵ツーリズム推進協議会運営委員、昇龍道大使(中部9県のインバウンド大使)などを務める。