「KINDAI サミット 2017」開催 ~近大発!日本を変える~

近畿大学(大阪府東大阪市)は、平成29年(2017年)10月7日(土)、8日(日)東大阪キャンパスにて、「KINDAI サミット 2017 ~近大発!日本を変える~」を開催します。

【本件のポイント】
●本学出身のリーダーが一同に会し近大ネットワークによるブランド力の向上効果を生み出す。
●次世代のリーダーを担う在学生が日本経済を学び、将来に向けたビジョンを生み出す
●本学卒業生が勤める企業の事例と課題を共有し、世界で戦うための知恵を結集する

【本件の概要】
 本学の卒業生(約51万7千人)※ の多くがビジネスリーダーとして社会で活躍されています。「KINDAI サミット」は、その日本の中枢で活躍している本学卒業生が集い、目指すべき目標に向かう姿を共に描き、共有する場として平成26年(2014年)から開催し、今年で4回目です。卒業生、学生が互いに先人や異領域から学び、新たな時代を拓くリーダーとしての視座を養うことで、新たな日本社会に向けたビジョンを生み出します。
 今年で4回目を迎えるKINDAI サミットでは、「made in Japanの復活へ」をテーマに、吉本興業株式会社 大崎社長(崎は「たつさき」)や株式会社HAJIME&ARTISTES 代表取締役 米田社長、早稲田大学 総長 鎌田氏、元慶應義塾 塾長 安西氏といった豪華なスピーカーを多数お招きし、世界を驚かせる日本ならではの感性、価値観を共有し、卒業生と在学生、教職員が一体となって、伝統と歴史だけでなく新しい日本の価値を創造する場を提供します。
※平成29年(2017年)4月現在

【イベントの概要】
■日 時:「KINDAI NIGHT(前夜祭)」
     平成29年(2017年)10月7日(土)17:30~21:00(受付17:00~)
     「KINDAI サミット 2017」10月8日(日)9:30~18:25(受付9:00~)
■場 所:近畿大学東大阪キャンパス ACADEMIC THEATER(アカデミックシアター)
     (大阪府東大阪市小若江3-4-1、近鉄大阪線「長瀬駅」から徒歩約10分)
■参加者:本学卒業の企業経営者・役員(200人)、本学教職員、在学生(約300人)

【プログラム】KINDAI NIGHT(前夜祭)10月7日(土)
■開会挨拶(17:30~17:40)
 近畿大学 学長 塩崎 均(崎は「たつさき」)

■KINDAI リーダーアワード(17:35~18:00)
 いまだ学閥が残る日本社会において、近大卒の先進的かつ独自性を持ったリーダーが次々と現れている。KINDAI サミットでは、この1年間優れた功績を上げているリーダーたちを対象として「KINDAI リーダーアワード」を表彰します。
【経済部門】
 秋本 英樹氏(株式会社リンガーハット 代表取締役社長/昭和53年 産業理工学部卒業)
【文化・芸術】
 升 毅 氏(俳優/昭和53年 商経学部卒業)
【教育・研究・スポーツ部門】
 北田 雄夫氏(アドベンチャーランナー/平成18年 理工学部卒業)

■KINDAI ナイトセッション(18:00~18:30)
 『個性・インパクト・存在感!~人々に感動を与え続けるために~』
 経営層は、人々に感動を与え続けなければならない。それは、観客、従業員等の多くのステークホルダーに対して、自社のみならず自身の価値を発信することにも繋がる。多くの人々を惹きつけ、更なる成長を遂げるには、何が必要か。日本演劇界の実力派俳優が、自身の価値の発信方法を語る。

【スピーカー】
 辰巳 啄郎氏(俳優・近畿大学文芸学部客員教授)
 升 毅 氏(俳優/昭和53年 商経学部卒業)
【モデレーター】
 マーキー氏(FMCOCOLO パーソナリティ/昭和50年 商経学部卒業)

【プログラム】KINDAI サミット 2017 10月8日(日)
■オープニング(9:30~9:40)

■第1部全体会(9:45~10:45)
「Crazy makes the KINDAI! ~近大×よしもとの独創的未来像とは?~」
 ゛固定概念をぶっ壊す゛を合言葉に破竹の勢いで゛大学業界゛の価値観を変えつつある近畿大学。大阪と言えばお笑い、お笑いと言えば゛よしもと゛と形容されるほど大阪に゛お笑い゛の文化を創造し、根付かせた吉本興業。全く異なる世界の2者が、「笑いで日本を元気にする」を合言葉に手を組んだ。゛近大×よしもと゛が描く独創的未来像とは。

【スピーカー】
 大崎 洋氏(吉本興業株式会社 代表取締役社長)
 塩崎 均 (近畿大学 学長)
【モデレーター】
 世耕 石弘(学校法人近畿大学 総務部長)

■ランチ(11:05~12:10)

■第2部分科会(12:30~13:20)
分科会A「人材の活躍強化 ~女性が輝く日本!~」
 一億総活躍社会、特に女性が活躍する社会の創出は、政府の経済政策、いわゆる゛アベノミクス゛が掲げる重要なテーマである。昨今、ライフスタイルの多様化により、企業や団体、政治等あらゆる分野において女性が活躍しており、女性ならではの視点で社会的な成功を収めていることも事実である。新たなビジネス、新たなライフスタイルの創出のために女性だからできることは、何か?
 今、輝いている女性たちがさらに輝く未来を語る。

【スピーカー】
 山口 美咲氏(株式会社星野リゾート/平成24年 法学部卒業)
 渡辺 典子氏(広島県議会議員/平成19年 文芸学部卒業)
 加藤 公代 (学校法人近畿大学 総務部広報室 室長/平成5年 文芸学部卒業)
【モデレーター】
 秋山 咲恵氏(株式会社サキコーポレーション 代表取締役社長)

分科会B:「新たなテクノロジー・ものづくりへ挑戦」
 日本の成長戦略で今何が求められているのか。最大の鍵は第4次産業革命技術いわゆる、IOT、ビッグデータ、人工知能の社会実装だ。Society5.0の実現。社会の様々なニーズにきめ細かに対応し、必要なもの・サービスを、必要な人に提供するとともに、年齢、性別、地域、言語といった様々な違いを乗り越え、活き活きと快適に暮らすことのできる社会を創出する。そのために、ものづくり大国日本が、ITを加え、世界へ発信するための方法とは、どのようなものだろうか。

【スピーカー】
 西本 博嗣氏(ノーリツ鋼機株式会社 代表取締役社長 CEO/平成5年商経学部卒業)
 牧野 正幸氏(株式会社ワークスアプリケーションズ 代表取締役最高経営責任者)
 京極 秀樹氏(学校法人近畿大学 評議員 工学部教授)
【モデレーター】
 斉藤 ウィリアム 浩幸氏(株式会社インテカー 代表取締役社長 経済産業省参与)

■第3部分科会(13:40~14:30)
分科会C:「日本的リーダーシップとは?」
 リーダーは、長期的なビジョンを示し、メンバーを統合し、動機付けを行い、変革を推し進めるという役割を担っている。日本人は古来より、゛謙虚さ゛゛奥ゆかしさ゛゛和゛を美とし、欧米と比べ゛控え目゛な資質を具えているといわれている。このような日本人の美徳を生かすための人を惹きつけ、人に夢を与え、厳しい決断をするために必要な素養とは何か。日本人が発揮する゛日本的゛リーダーシップとはどのようなものなのか。

【スピーカー】
 加藤 友康氏 (カトープレジャーグループ 代表取締役 CEO/昭和62年 商経学部卒業)
 米田 肇氏 (株式会社 HAJIME&ARTISTES 代表取締役/平成8年 理工学部卒業)
 澁澤 健氏 (コモンズ投信株式会社 取締役会長 シブサワ・アンド・カンパニー株式会社 代表取締役)
【モデレーター】
 神原 弥奈子氏(株式会社ジャパンタイムズ 代表取締役会長)

分科会D:「KINDAI エコシステム計画始動!」
 世界に例を見ないスピードで人口減少・少子高齢化が進む日本。中でも「自治体の半数が消滅する」という警鐘が鳴らされる地方。官民一体となったローカル・アベノミクスの掛け声の下、新たな地方創生のかたちを模索している。大阪が2025年の万博開催を見据え日本の中心になるよう様々な政策を打ち出す中で、東大阪に本部を構える近大は大学として何ができるのだろうか。シリコンバレーのようなスタートアップ・エコシステムを構築し、近大から優秀な人材を輩出すると共に、そのような人材を支える機能を持ち、近大パワーが東大阪を中心に地域を潤わすためには、どのような施策が必要なのだろう。行政・企業の目線から、地方創生を語る。

【スピーカー】
 田中 誠太氏(大阪府八尾市長/昭和54年 商経学部卒業)
 山下 智弘氏(リノベる株式会社 代表取締役/平成9年 理工学部卒業)
 椋本 充士氏(株式会社グルメ杵屋 代表取締役社長/昭和59年 商経学部卒業)
【モデレーター】
 高野 真氏(Forbes JAPAN CEO&編集長 D4V Founder&CEO)

■第4部ワークショップ(14:50~15:40)
「経営者が聞きたい!未来の日本を支える、今の学生どないやねん!」
 本学卒業の経営者と在学生を交えたワークショップを行い、掲げられるテーマにおける認識の違いを共有します。

■第5部分科会(16:00~16:40)
 起業家育成プログラム受講学生 ビジネスプラン発表
 近畿大学では、本年4月にグランドオープンした、ACADEMIC THEATERを中心に、近大発のベンチャー企業創出に向けた取り組みを開始しています。本年6月から約3ヶ月間、在学生向けにシリコンバレー生まれの起業家育成プログラム「Lean LaunchPad(リーンローンチパッド)」を開催。自らのアイデアや技術をもとに、事業をゼロから創ることのできる能力「ゼロイチ力」を培いました。起業家育成プログラム受講学生が、講義・演習の成果として、ビジネスプランの発表を行い、本学卒業のリーダーの方々から、更なるステップへのアドバイスをいただきます。
【起業家育成プログラム(Lean LaunchPad)について】
 「Lean LaunchPad」は、成功起業家であり、スタンフォード大学で教鞭をとるSteve Blank氏が提唱する顧客開発モデル(Customer Development Model)を中心にゼロイチ力(りょく)を身につけるためのプログラムです。

■第6部全体会(16:55~17:55)
「゛早慶近゛~世界で戦うための教育・研究とは?~」
 2016年発表のタイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)世界大学ランキングにおいて、日本の私立総合大学で唯一トップ800位以内にランクインした、「早稲田大学」「慶應大学」「近畿大学」。ものづくり、医療、伝統文化と世界に誇れる強みがある日本であるが、世界に対しリーダーシップを発揮できていないのが現実である。大学業界も、世界ランキングでは低迷している。これからの時代、世界で戦う武器は何か。また、日本の大学が、世界を席巻するには、何が必要なのか。次代を担うため、「早慶近」の代表が集結し、日本の私立大学の役割、そして、最高峰の教育・研究を導く。

【スピーカー】
 鎌田 薫 氏(早稲田大学 総長)
 安西 祐一郎氏(元慶應義塾 塾長 独立行政法人日本学術振興会 理事長)
 塩崎 均(近畿大学 学長)
【モデレーター】
 福原 賢一 氏(株式会社ベネッセホールディングス 代表取締役副会長)

■クロージングセッション(17:55~18:25)

 関連URL:http://www.kindai.ac.jp/kindaisummit/

▼本件に関する問い合わせ先
総務部広報室
住所 : 〒577-8502 大阪府東大阪市小若江3-4-1
TEL : 06‐4307‐3007
FAX : 06‐6727‐5288
E-mail : koho@kindai.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

今、あなたにオススメ
Recommended by