東北や熊本の子どもたちを支援するクリスマスチャリティープログラム 「Colors of Hope」~ グランド ハイアット 東京 2017 Christmas ~


【拡大】

さまざまな色彩が模様を織りなすステンドグラスの装飾やSNSプログラムを展開

都会の喧騒にそびえたつダイナミックなラグジュアリーホテル、グランド ハイアット 東京(東京都港区、総支配人: スティーブ ディワイヤ)は、継続的な東北支援の一環として行っている、子供地球基金とコラボレーションした東北や熊本などの災害で心に傷を負った子どもたちへのチャリティープログラムを11月9日(木)~12月25日(月)に実施いたします。今年のテーマは、「Colors of Hope」。それぞれ異なる個性(Color)を持つ私たち一人ひとりが集まり、ひとつの大きな力となって希望を子どもたちへ届けたい-- そんなメッセージを込めてプログラムを展開いたします。
ロビーに、色とりどりのガラスが美しい模様を織りなすステンドグラスをモチーフにクリスマス装飾をディスプレイし、募金箱を設置するほか、SNSへの画像投稿によるチャリティープログラムを実施いたします。また、障害を持つ方々の自立支援と雇用創出を促すことを目的に、ホテルで使用されたワインやシャンパンのコルク栓をリサイクルし新たな商品として生まれ変わらせる「RE機構」と協力して作るオリジナルのクリスマスオーナメントも、今年はステンドグラスをイメージしたものをご用意し、フロントや各レストラン、スパなどで販売いたします。お客様には、オーナメントを購入いただくことにより、売上金の全てを寄付する形でチャリティーにご参加いただけます。このクリスマスチャリティープログラムを通じて集められた収益は、子供地球基金を通じて東北や熊本の子供たちへと届けられます。

----------------------
クリスマス チャリティー プログラム
----------------------
■クリスマス デコレーション
ロビーフロアには、さまざまな“色彩”が美しい模様を織りなすステンドグラスをイメージしたクリスマス装飾をディスプレイします。障害を持つ方々の自立支援と雇用創出を促すことを目的に、レストランやホテルで使用されたワインやシャンパンのコルク栓をリサイクルして障害者の方たちが手作りするカラフルなクリスマスオーナメントをツリーに飾るほか、募金箱を設置。寄せられた募金は、子供地球基金を通じて東北や熊本の子供たちへと届けられます。

[展開期間]  2017年11月9日(木) ~ 12月25日(月)
[展開場所]  1 階ロビーエリア

■「Colors of Hope」 SNSチャリティープログラム
期間中にグランド ハイアット 東京にて撮影した画像にハッシュタグ「#GrandHoliday2017」をつけてInstagramにご投稿いただくと、1投稿につき100円を子供地球基金に寄付させていただくチャリティープラグラムを展開いたします。さらにグランド ハイアット 東京の公式Instagramアカウントをフォローしていただいた方の中から、抽選でグランド ハイアット 東京の宿泊券やお食事券などをプレゼントする他、フォトジェニックな作品には特別賞をご用意します。詳細は特設キャンペーンサイトをご覧ください。

[展開期間]  2017年11月9日(木) ~ 12月25日(月)
[詳細] グランド ハイアット 東京 公式ホームページ特設キャンペーンサイト
https://www.tokyo.grand.hyatt.co.jp/grandxmas2017
(11月サイトオープン予定)

----------------------
クリスマス オーナメント
----------------------
■ワインのコルク栓を再利用した、カラフルなオーナメント
レストランやホテルで使用されたワインやシャンパンのコルク栓を再利用して作るオーナメントは、ステンドグラスをイメージして、カラフルなガラスのタイルを色とりどりに散りばめたものをご用意します。福祉施設で働く方々がひとつひとつ丹念に作り上げたオーナメントは、心のこもったクリスマスプレゼントに最適です。売上の全てが子供地球基金に寄付されます。

[販売期間]  2017年11月9日(木) ~ 12月25日(月)
[価格]  500円(税込)
[販売店舗]  全レストラン・バー、フロント、グランド クラブ、Nagomi スパ アンド フィットネス など

----------------------
クリスマス チャリティー ハンパー(オーナメント付)
----------------------
■ホテルオリジナルの焼き菓子が詰まったプレゼントにぴったりのチャリティーハンパー
レストランやホテルで使用した再生コルクを使い障害を持つ方々が手作りしたグランド ハイアット 東京オリジナルのクリスマスオーナメントがついたバスケット入りのチャリティーハンパーです。パウンドケーキなどホームメイド中心のお菓子やシュトーレン、エレガントな味わいのシャンパン「ルイ・ロデレール」を詰め込んだ、ギフトにもクリスマスパーティにもぴったりのハンパーです。この商品を購入していただくことで、福祉施設における障害を持つ方々の雇用創出、自立支援という形でチャリティーにご参加いただけます。

[販売期間]  2017年12月1日(金) ~ 12月25日(月)
[価格]  15,000円 (税別) ※40個限定
[販売店舗]  フィオレンティーナ ペストリーブティック

【グランド ハイアット 東京のクリスマス チャリティー プログラム】
グランド ハイアット 東京では、2011年よりクリスマスのチャリティー活動を実施しています。障害を持つ方々の自立支援と雇用創出を促すことを目的に、ホテルで使用されたワインやシャンパンのコルク栓をリサイクルし新たな商品に生まれ変わらせている「RE 機構」と協力し、オリジナル商品を販売、売り上げを「子供地球基金」に寄付しています。
子供地球基金は、東日本大震災直後から被災地へ出向き、アートワークショップの開催や支援物資、義援金の寄付など支援活動を続けています。グランド ハイアット 東京は、子供地球基金が保有する世界中から集められた子どもたちの絵をホテルのクリスマスのチャリティーメインビジュアルとして使用し、その活動をサポートしています。

【グランド ハイアット 東京 クリスマス チャリティー パートナー】
■「KIDS EARTH FUND(子供地球基金)」とは
1988年の創立以来、子供地球基金は、戦争や災害等で心にトラウマを抱える世界中の子どもたちと心のケアを目的とした絵を描くワークショップを行い、その絵に込められた子どもたちのメッセージを世界中に発信しています。また、その絵を様々なデザインに使用していただき、収益金を世界中の子どもたちに還元する“Kids Helping Kids(子どもたちが子どもたちを救う)”活動を行うNPO法人です。
また、子供地球基金は、東日本大震災直後から被災地へ出向き、アートワークショップの開催や支援物資、義援金の寄付など支援活動を続けています。

■「RE機構」とは
RE(アールイー)機構は、障害のある方々が、安心して、意欲を持って働くことができるよう、雇用の機会を拡げることと、働く環境の整備を主な目的として活動するNPO法人(特定非営利活動法人)です。
RE機構の〈RE〉は、「3RE(リデュース:Reduce、リユース:Reuse、リサイクル:Recycle)」に由来していますが、もともとは「もったいない!」という単純な気持ちから始めたことが今の活動に繋がっています。RE機構立ち上げのきっかけとなった「リサイクル乾電池」も、障害のある方々の仕事を作ることもでき、地球にも人にもやさしい事業となりました。
コルク栓の再生事業では、コルク栓等を回収・分別・商品企画・製造と、目に見えるリサイクル事業を行ない、コルクを通して障害者の自立支援と地球環境保全の両面から、事業の意義の啓蒙活動を行なっています。

【グランド ハイアット 東京の継続的な被災地支援活動】
グランド ハイアット 東京は、全世界の700以上のハイアットが取り組んでいるCSR活動「ハイアット スライブ」の一環で、東日本大震災直後から継続的な支援活動を行っています。宿泊料金の一部を寄付する宿泊プランの販売、宴会利用の売上金の寄付、ハイアットオリジナルワイン 「キャンヴァス」のボトルワイン売上金の金額寄付、ホテル館内の募金箱設置、ホテルスタッフによる被災地でのボランディア活動等、被災地域に密着した継続的支援を目指しております。2017年9月現在、59,053,608円の義援金を日本赤十字社はじめ、さまざまな団体を通じて、被災地支援のために寄付しています。

今、あなたにオススメ
Recommended by