掃除機のダイソンも…異業種からの参入相次ぐEV市場 やがて強力なライバルに (1/3ページ)

ダイソン本社の敷地内にある研究開発センター。同社は家電分野で培った技術を生かしEV事業に進出する=英中部マルムズベリー(ブルームバーグ)
ダイソン本社の敷地内にある研究開発センター。同社は家電分野で培った技術を生かしEV事業に進出する=英中部マルムズベリー(ブルームバーグ)【拡大】

 【マネジメント新時代】

 □日本電動化研究所 代表取締役・和田憲一郎

 掃除機で有名な英家電大手ダイソンが、2020年までに電気自動車(EV)分野に参入すると9月末公表した。自動車メーカーでもないダイソンの参入は、一見、とっぴとも思えるが、筆者からみれば、ある意味予想されたことであり、それほど驚くことではない。今回は、このように異業種から突然EV市場に参入するビジネスについて、どうとらえるのか筆者なりに考えてみたい。

 コア技術の保有がキー

 ダイソンは1993年にジェームズ・ダイソン氏によって設立された会社である。ダイソン氏は、掃除機のゴミがたまっていくと吸引力が落ちてしまう、当時の紙パック式掃除機に疑問を感じ、使っていても吸引力の落ちない掃除機ができないかと開発に着手した。その結果できたのがサイクロン方式と呼ばれるもので、遠心分離によりゴミを周辺に集め、空気の流れを分離したことで、使っていても吸引力が落ちない掃除機を開発し、世界的なヒットとなった。

 日本でもあちこち見られるようになったが、当初は、あの独特な金属音に慣れず、このような掃除機が本当に売れるのかなと思っていた記憶がある。しかし、今ではふと気がつくとダイソン製コードレス掃除機が自宅に置かれている。

 さて、ダイソンの特徴はモーターにある。サイクロン方式実現のためには、強力なモーターが必要となるが、最新のコードレス掃除機「V8」シリーズに採用されたDC(直流)ブラシレスモーターの最高回転数は毎分11万回転にも及ぶとか。またワイヤレスのため、エネルギー密度を上げた、円筒タイプのリチウムイオン電池を採用している。

新しい酒は新しい革袋に