昭和電工、2~3年めどに黒鉛電極事業の利益率10%目指す

 昭和電工の森川宏平社長は6日、東京都内で会見し、鉄スクラップを溶解して鋼材を生産する電炉の電極として使われる黒鉛電極事業で、2~3年後をめどに売上高営業利益率10%を目標とすることを明らかにした。

 業界3位の同社は、昨年10月に2位の独SGL買収を発表。9月末に各国当局から承認を得て、買収手続きを完了した。これにより業界最大手の米GTIを抜いて、シェア約32%で首位に躍り出た。

 黒鉛電極事業は、2016年12月期に赤字だったものの、製品の相互供給や部材調達などで買収・統合効果を発揮し、来期以降に黒字転換を想定している。

 昭和電工は、主力事業で利益率10%以上、営業利益100億円超を目指しており、黒鉛電極事業も早急に主力事業に育成する方針だ。