新幹線のスマホ乗車が「200円」だけ安い理由 実はおトクにならない人も…? (1/3ページ)

 9月30日、東海道・山陽新幹線で新しいチケットレスサービスが始まった。年会費は無料で、何度でも時間や座席の変更が可能。しかも料金は駅の窓口より200円安い。1日40万人以上が利用する東海道新幹線で「200円」の影響は小さくない。なぜ割り引いたのか。その背景には「サービス拡大」だけでなく、「乗り換え分を負担する」という乗車券の仕組みが関係していた--。

画像はイメージです(Getty Images)

画像はイメージです(Getty Images)

 年会費無料で「チケットレス乗車」が可能に

 9月30日、東海道・山陽新幹線で新しいチケットレスサービス「スマートEX」が始まった。手持ちのクレジットカードとSuica(スイカ)などの交通系ICカードを登録すれば、自動改札機にICカードをかざすだけで指定座席に乗車できるサービスだ。

 座席は事前にスマートフォンなどで予約し、支払いは登録したクレジットカードで行う。乗車券や特急券を発行する必要がないため、窓口には並ばずに済む。在来線との乗り換えも、同じICカードを自動改札機にかざすだけだ。利用できるICカードは、スイカのほか、JR東海のTOICA(トイカ)、JR西日本のICOCA(イコカ)、首都圏の私鉄や地下鉄で使えるPASMO(パスモ)などの10種類。サービスの利用に年会費はかからない。

利用方法のイメージ。JR東海プレスリリースより抜粋

利用方法のイメージ。JR東海プレスリリースより抜粋

 これまで東海道・山陽新幹線(東京-博多間)には「エクスプレス予約」と「プラスEX」というサービスがあったが、いずれも年会費と専用のICカードが必要だった。ICカードの発行まで2~3週間かかるため、旅程が決まってから入会しても間に合わないことがあった。また「エクスプレス予約」は、JR東海かJR西日本のクレジットカードに入会しなければならず、審査などの時間もかかった。

 予約から乗り換えまでiPhone1台で完結する

 「スマートEX」は、券面にVISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースの国際ブランドが書かれていれば、どんなクレジットカードでも登録できる。これまでのサービスに比べて、対応ブランドが大きく広がり、手持ちのカードで簡単に利用できるようになった。

 交通系ICカードの登録は専用サイトから行う。その際、カードに振られている17桁の番号を入力する。この番号は「モバイルSuica」などカードレスの場合にも振られており、iPhoneの「Apple Pay」でも同じだ。つまり、座席の予約から新幹線改札への入場、在来線の乗り換えまで、iPhone1台で完結できるようになった。

 画期的なサービスだが、もうひとつのポイントは「駅で切符を買うより200円安い」ということだ。

なぜあえて安くしたのか