【家電Watch】シャープ「COCORO+」ブランド発表 (1/3ページ)

「CEATECJAPAN2017」のシャープのブース=千葉市の幕張メッセ
「CEATECJAPAN2017」のシャープのブース=千葉市の幕張メッセ【拡大】

  • “噛み方”をチェックするヘルスケアツール「bitescan」

 ■AIとIoTで快適生活サポート

 シャープは、千葉市の幕張メッセで3~6日に開催された家電・IT(情報技術)機器総合展示会「CEATEC(シーテック)ジャパン2017」で、「AIoTワールド」と「8Kワールド」をテーマに、新たな商品やサービスを披露した。

 AI(人工知能)とIoT(モノのインターネット)を組み合わせた各種AIoTクラウド関連サービスを「COCORO+(ココロプラス)」ブランドに統合することを発表。家電やIT機器に「ココロ」をプラスし、道具からパートナーに変えていく“人に寄り添う”サービスブランドの総称としており、AIoT関連の再編と強化を図るという。

 ◆地域別の使い方提案

 同社ブース内の「AIoTワールド」ステージでは、同社が近い将来に実現を目指す「人に寄り添い、人と社会をココロでつなぐスマートライフ」を紹介。参考展示された音声対話型エージェント「ホームアシスタント」や、クラウドにつながったエアコン、冷蔵庫などを通じて、家の中のIoT機器が住む人の好みやライフスタイルを学習し、最適なサービスを提供する未来を描いている。

 9月に発売されたばかりのAIoT空気清浄機「KI-HX75」も展示した。無線LAN搭載によりスマートフォンと連携でき、アプリから屋内外の空気状態の確認、フィルターの最適な交換時期の目安を知らせてくれる点が特徴。AIにより運転状況を学習し、家庭ごとに最適なモードで運転するという。

 アプリは、エアコンとも連携可能で、各室に置いた空気清浄機やエアコンの運転状況を一元管理。今後は、日本気象協会と提携し、各家庭のエアコンや空気清浄機から得られる冷暖房の運転ログデータと気温データを基に、地域ごとの運転傾向を指数化するサービスなども検討している。

今、あなたにオススメ
Recommended by