ユニファ、新事業で総額10億円調達

 家族をテーマにしたポータル(玄関)メディア運営のユニファ(名古屋市中区)は、乳幼児向けの遠隔ヘルスケアサービス「るくみ-午睡チェック」を来年初めにも開始する。乳幼児の体動の有無やうつぶせ寝をセンサーで検知し、スマートフォンを介して、保育士などに知らせる。これにあわせて凸版印刷グループのフレーベル館(東京都文京区)と業務提携したほか、凸版印刷など事業会社3社、ジャフコなどベンチャーキャピタル(VC)7社などを引受先とする第三者割当増資を実施し、総額10億2000万円を調達した。