【ドローンタイムズ】日本建築ドローン協会が設立説明会

 建築分野でのドローン技術の活用を目指し一般社団法人日本建築ドローン協会(JADA)が設立され、9月29日に説明会が開かれた。

 設立メンバーは建築学や災害対策の研究者、ドローン技術開発やパイロット育成を行う団体、実際に建築現場でドローンを活用する企業など。建築、ドローンの両分野の専門家が、建築分野での安全で効率的なドローンの技術を研究、推進することが目的だ。

 会長には芝浦工大建築学部建築学科の本橋健司教授、副会長には建築研究所材料研究グループ研究員の宮内博之氏、東京理科大理工学部建築学科教授の兼松学氏、東大地震研究所災害科学系研究部門准教授の楠浩一氏の3人が就任した。日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の岩田拡也常務理事、日本ドローンコンソーシアム(JDC)の酒井学雄事務局長も理事として名を連ねた。

 本橋会長は「建築、ドローン両分野の技術を融合させ、建築技術の効率性や信頼性を向上させたい」とあいさつした。

今、あなたにオススメ
Recommended by