神鋼、アルミ事業で新たな不正か 別製品に偽装疑い 事態深刻化、社長会見へ

アルミ製品などの性能データ改ざんの経緯を報告し、謝罪する神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長(左)=12日午前、経産省
アルミ製品などの性能データ改ざんの経緯を報告し、謝罪する神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長(左)=12日午前、経産省【拡大】

 神戸製鋼所がアルミニウム製品などの性能データを改竄(ざん)していた問題の舞台となったアルミ・銅事業で、新たな不正の疑いが浮上していることが12日、分かった。これまでに発表したものとは別の製品で同様の偽装が行われていた可能性があるとみて調べている。不正が確認されれば、問題製品の供給先は約200社から増加し、事態はさらに深刻化する。

 米自動車最大手ゼネラル・モーターズ(GM)などの海外企業も影響調査に乗り出した。日本の製造業全体の信頼が揺らぎかねず、不祥事が相次ぐ神戸製鋼への批判はさらに強まりそうだ。川崎博也会長兼社長が近く記者会見を開き、詳細を説明する予定だ。

 関係者によると、新たな不正が疑われるのは全てアルミ製品や銅製品。具体的な製品などは明らかになっていない。現時点では、鉄鋼製品や機械製品で不正は見つかっていないという。

 川崎氏は12日午前、経済産業省の多田明弘製造産業局長と面会後、記者団に対し「国内と海外で疑わしい事例が網にかかっている。複数の案件がある」と述べていた。近く開く記者会見については「これまでの調査の進捗を報告する。説明責任を果たす必要がある」とした。

■神鋼データ改ざん JR西社長「応分の措置をお願いしたい」 交換にかかる費用請求へ を読む

■神鋼データ改ざん JR九州にも不適切アルミ 在来線の12両、運行継続 を読む

■神鋼社長が改ざんを経産省に陳謝 「内外で疑わしい事案」 経営責任言及せず を読む

■神鋼データ改ざん 川崎社長「信頼、ゼロに落ちた」 一問一答 を読む