【21世紀を拓く 知の創造者たち】デンカ 常識変える材料開発を追求 (1/6ページ)

名古裕輝さん
名古裕輝さん【拡大】

  • 成冨拓也さん
  • 宇野弘基さん
  • 加藤真洋さん

 無機化学から有機化学、さらには電子材料、樹脂加工品までと幅広い事業を手掛けているデンカ。石灰石資源と自家発電所を基盤としたカーバイドと化学肥料の生産で1951年に創業し、事業範囲を広げながら成長を続け2015年に100周年を迎えた。現在は、次の100年に続く企業としての基盤作りに取り組んでおり、さらなる飛躍を目指している。そこで今回、4人の若手研究者に仕事の魅力や将来の夢などについて聞いた。

                  ◇

 □名古裕輝さん 最先端走る面白さ

 ▽なこ・ゆうき デンカイノベーションセンター先端技術研究所新規材料研究部兼研究推進部

 □成冨拓也さん 自らの強み生かし

 ▽なるとみ・たくや デンカイノベーションセンター先端技術研究所先端高分子研究部

 □宇野弘基さん 顧客の課題を解決

 ▽うの・ひろき 渋川工場電子材料研究部

 □加藤真洋さん 求められる製品を

 ▽かとう・まさひろ 渋川工場電子材料研究部

                  ◇

 --現在の担当業務は何ですか

 名古 リチウムイオン電池の導電材に使用されている、アセチレンブラックという製品の開発です。電気を流す導電性のカーボンの一種です。リチウムイオン電池は、化学反応を使って電気を蓄積する装置です。化学反応をする物質、いわゆる活物質ではなく、その活物質と外側の電気回路の間の電気の通り道として欠かせない材料がアセチレンブラックです。

今、あなたにオススメ
Recommended by