ビール類出荷、13年連続減 1~9月、天候不順や値上げ響く

 ビール大手5社が12日発表した発泡酒などを含むビール類の1~9月の出荷量は、前年同期比2.4%減の2億9576万ケース(1ケースは大瓶20本換算)で、13年連続で減少した。出荷量は統計を開始した1992年以降で過去最低となった。夏場の天候不順に加え、6月からの安売り規制の強化に伴う値上げが影響した。

 内訳は、ビールが2.5%減の1億4779万ケース、発泡酒は4.2%減の4069万ケースだった。「第三のビール」は1.5%減の1億727万ケースだった。

 最需要期の夏場を含む7~9月の出荷量は4.2%減だった。台風や雨の日が多く、ビアガーデンなどの飲食店向けが不調だった。

 5社はアサヒビール、キリンビール、サントリービール、サッポロビール、オリオンビール。

 出荷量は一時的に自社の倉庫などで保管している分を含む「課税数量」で算出している。

今、あなたにオススメ
Recommended by