梅田阪急ビル1階 南北コンコース  クリスマス・イルミネーション「0号線のPLATFORM(プラットフォーム)」がフィナーレを迎えます ~未来への華やかな旅立ち~

イメージ
イメージ【拡大】

  • (左から)2015年、2016年、本年
  • イメージ
  • イメージ

阪急電鉄では、かつて阪急電車の梅田駅があった梅田阪急ビル1階(阪急百貨店うめだ本店前)の南北コンコースにおいて、本年で3回目となるクリスマス・イルミネーション「0号線のPLATFORM」を11月22日(水)より開催します。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/140501/img_140501_1.jpg
2015年から始まったこのイルミネーションは、駅があった南北コンコースの歴史的な景観や賑わいなどに思いを馳せ、『過去と未来を結ぶ出発点』をテーマにスタートしました。二年目は、『過去と未来を結ぶ新たな出発』をテーマに展開し、三年目を迎える本年は『未来への華やかな旅立ち』をテーマとします。ライトフォールと呼ばれる、天井から降り注ぐイルミネーションで「華やかな光の駅空間」を創り出し、中央のリースと両サイドのドレープで「駅への到着、そして、駅から未来への新たな旅立ち」を表現します。また、期間中はバックグランドミュージックにあわせた光の演出も行うなど、南北コンコースを訪れる皆様に特別な空間をお届けします。
今年もぜひ、クリスマス・イルミネーション「0号線のPLATFORM」をお楽しみください。

クリスマス・イルミネーション「0号線のPLATFORM」概要
■名称
クリスマス・イルミネーション「0号線のPLATFORM」
■テーマ
「未来への華やかな旅立ち」
■「0号線のPLATFORM」のテーマの変遷
2015年「過去と未来を結ぶ出発点」
2016年「過去と未来を結ぶ新たな出発」
本年「未来への華やかな旅立ち」
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/140501/img_140501_2.jpg
■内容
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/140501/img_140501_3.jpg
・かつての阪急グランドドーム※1をイメージした『光のアーチ』
・駅舎をイメージした奥行き感のある『光の列柱』
・駅舎を華やかに飾るドレープとリース
・天井から降り注ぐ希望の光を表現したライトフォール
■実施期間
11月22日(水)~12月25日(月)(34日間)
■点灯時間
10:00 ※2 ~ 24:00
■使用LED球
約10万球
■実施場所 梅田阪急ビル1階「南北コンコース」
(コンコースの天井高さ9m×通路幅16.5m)
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/140501/img_140501_4.jpg
※1 梅田阪急ビル建て替え前、コンコース南端にあった 『阪急グランドドーム』
※2 初日(11月22日)は、イルミネーション初点灯にあわせた特別ライトアップを行うため、16:00より点灯します。

阪急電鉄 http://bit.ly/1XJidQb

リリース http://bit.ly/2gAlYIT

発行元:阪急阪神ホールディングス
大阪市北区芝田1-16-1

今、あなたにオススメ
Recommended by