【eco最前線を聞く】三菱地所、照明LED化で電力使用量4割削減 10月から再生エネに切り替え (1/3ページ)


【拡大】

  • 三菱一号館美術館の展示室。LED照明に切り替えて使用電力を削減した
  • グリーン電力証書。風力や太陽光など複数の再生エネで電力を賄っていることを示している

 ■三菱地所 環境・CSR推進部専任部長 吾田鉄司さん

 1894年に竣工(しゅんこう)された東京・丸の内で最初のオフィスビル「三菱一号館」を忠実に復元したことで注目を集めた赤煉瓦(れんが)の建物は2010年、「三菱一号館美術館」として生まれ変わった。そして今、地球環境にも優しいとして再び脚光を浴びようとしている。展示室照明のLED化で電力の年間使用量を4割削減。また10月から、使用する電力相当分を全て再生可能エネルギーで賄うことにした。三菱地所環境・CSR推進部の吾田鉄司専任部長は「丸の内全体で環境負荷低減に取り組む中、一般の人が多く訪れる美術館でこのことをアピールできる」と強調した。

 美術品の劣化なし

 --展示室照明に気を使っている

 「展示している絵画や彫刻など美術品を最高の状態で鑑賞してもらうためには、最適な色、温度、明るさを作り出す必要がある。使用するLEDランプも通常のものではなく、美術品をより美しく見せるため特に赤色の再現性が高い美術館専用のオリジナルLEDランプを採用した。非常に気になる美術品の劣化もなく、以前よりきれいなため他の美術館から見に来ることもある」

 --LEDに切り替えた理由は

 「当館では光ファイバー照明システムを採用、ハロゲンとセラミックメタルハライドランプ(CDM)の光源器から出た2種類の光を特殊技術により均一に混ぜ、光ファイバーから展示室内に光を伝送。これにより自然の太陽光に近い美しい波長の展示光を実現している。しかし電気使用量が多く、熱も放出するので昨年6月、ハロゲン、CDMそれぞれ115台を、白色と電球色のLED各115台に切り替えた。すると今年5月までの館内電灯の使用電力は4割削減でき、照明使用料金は半減した」

EVやPHVが使用する電力は全て風力発電で賄っている