アダルト業界の大物、DMM亀山会長の「素顔」 いまや日本人9位の資産家 (1/4ページ)

DMMホールディングスの亀山敬司会長は顔写真は公開せず取材に応じた(ブルームバーグ)
DMMホールディングスの亀山敬司会長は顔写真は公開せず取材に応じた(ブルームバーグ)【拡大】

  • 都内・六本木にあるDMMホールディングスの本社(ブルームバーグ)

 メディアには一切顔を出さないことで知られるその男は、目立たない身なりで現れた。アダルト動画(AV)配信サイトの成功で財をなし、今ではネット上でゲーム配信から外為取引、英会話まで幅広く手掛け、国内有数の資産家にのし上がったDMMホールディングスの亀山敬司会長だ。

 事業多角化に成功

 DMMは数年前、ビートたけし氏が広告に出演したことで世間一般から信頼を得るようになった。亀山氏は昨年12月には慶応大学から講演に招待され、その1カ月後には文春オンラインがコラムの執筆を依頼した。マイナビと日本経済新聞による4月の調査では大学生の希望就職先100社に選ばれ、業種別では楽天を上回った。

 短いあごひげに地味なシャツ姿。亀山氏はグループ本社機能のある六本木の新築ビルでインタビューに応じた。世間から「露天商から成り上がり、エロなことやってるくせに」と思われながらも「次はどんなことをやるの? もしかしてロケット飛ばすのかな?」という大きな期待を感じていると笑顔で明かした。

 AVという日陰のビジネスをステップに、事業の多角化に成功した亀山氏の起業家精神や経営手法が今あらためて注目されている。経営コンサルティング僖績経営理舎の石原明社長は、「亀山氏の賢さの原点はお金の使い方が非常に上手なことにある」と指摘。商機ありと見れば、新規事業に迷わず投資する姿勢を評価する。

 今回初めて開示された財務記録とブルームバーグ・ビリオネア-インデックスによると、DMMグループ所有による亀山氏の資産は少なくとも35億ドル(約3925億9500万円)と試算され、ランキングは日本人で9位。しかし、身なりや振る舞いに裕福さやAV業界の大物ぶりを示唆するものはない。通勤は自転車だ。家族は妻と2人の子供。亀山氏は資産額についてコメントを控えた。

顔出しNG…ベールに包まれる素顔