FCA、2万台リコール エアバッグ作動しない恐れ

 欧州自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の日本法人は20日、エアバッグが作動しない恐れがあるとして、ジープブランドのラングラーアンリミテッドなど4車種延べ1万9650台(2006年12月~16年11月輸入)をリコールすると国土交通省に届け出た。

 同省によると、ハンドル根元部分のカバーから砂やほこりが入り込むことなどがあり、配線が断線し衝突時にエアバッグが作動しない可能性があるという。これまでに事故の報告はないとしている。