【現場の風】Gショック、1億個突破 高い実用性・信頼性で地位確立 「ライバルいない」 (2/2ページ)


【拡大】

 --Gショックを一言で表現すると

 「隣の人も同じものを持っているかもしれないが、実用性があって壊れないという信頼性。まるでジーンズのような存在だ」

 --その登場で腕時計業界も変わった

 「外装が樹脂だったりスケルトンだったり楽しい世界を作り出し、腕時計にもう一つの分野を作った。ポジショニングを確立しており他にライバルもいない。米アップルの『スマートウオッチ』が話題だが、将来、腕時計にもそうした機能が取り込まれていくだろう。腕時計のマーケットはなくならない」

【プロフィル】増田裕一

 ますだ・ゆういち 慶応大卒、1978年入社。開発本部時計統轄部長などを経て2014年5月から現職。神奈川県出身。