日商会頭、衆院選自公大勝は「安倍政権の実績の評価」「人手不足と生産性向上に尽力を」

日本商工会議所の三村明夫会頭(寺河内美奈撮影)
日本商工会議所の三村明夫会頭(寺河内美奈撮影)【拡大】

 日本商工会議所の三村明夫会頭は22日、衆院選で与党が過半数を上回る議席を獲得する見通しとなったことを受け、「安倍晋三政権の経済再生に向けた取り組みや外交などの実績に対する評価と、今後の堅実な政策の遂行への国民の期待を反映したものと受け止めている」との談話を発表した。

 さらに、「わが国経済の最大の課題は潜在成長率を高めるためのサプライサイド政策の推進」と指摘。政権与党に対し、「成長の障害になっている人手不足の克服と生産性向上の実現に尽力するとともに、構造改革による足腰の強い経済基盤を構築してもらいたい」と要望した。