東芝が臨時株主総会 半導体売却遅れれば上場維持へ代替策も 綱川社長が陳謝 (1/2ページ)

東芝臨時株主総会の会場受付へ向かう株主ら=24日午前、千葉市美浜区 (川口良介撮影)
東芝臨時株主総会の会場受付へ向かう株主ら=24日午前、千葉市美浜区 (川口良介撮影)【拡大】

  • 会場受付へ向かう株主ら=24日午前、千葉市美浜区 (川口良介撮影)

 経営再建中の東芝の綱川智社長は24日、半導体子会社「東芝メモリ」(東京)の売却完了が遅れた場合に備え「いろいろな手段を考えている」と述べ、上場維持のための代替策を検討していることを明らかにした。千葉市の幕張メッセで開いた臨時株主総会で述べた。

 総会では綱川氏ら経営陣の大半の再任議案を可決した。東芝メモリ売却と6月の定時株主総会で報告できなかった2017年3月期決算も承認した。株主からは、15年に発覚した不正会計のような問題が再発しないかどうかを心配する声や原発事業への懸念が出た。

 懸案だった東芝メモリの売却は契約にこぎ着けたが、綱川氏らは交渉で迷走を重ねて当事者能力の欠如を露呈した。綱川氏は総会の冒頭で「改めて心からおわびする」と陳謝した。

 売却手続きは関係各国の独禁法審査に入ったが、少なくとも半年程度かかるとされ、債務超過解消の期限となる18年3月末に売却が間に合うかは微妙な情勢だ。株主の一人は質疑で「代替策はどうするのか」と指摘した。綱川氏は具体的な内容には言及しなかった。

取締役人事に社内外で疑問の声