【スポーツi.】楽天、プロスポーツで目指す世界ブランド (1/3ページ)

昨季覇者のウォリアーズとロケッツによるNBA開幕戦。楽天はNBAとの関係強化を図る=17日、米カリフォルニア州オークランド(AP)
昨季覇者のウォリアーズとロケッツによるNBA開幕戦。楽天はNBAとの関係強化を図る=17日、米カリフォルニア州オークランド(AP)【拡大】

 □二松学舎大大学院非常勤講師・宮田正樹

 米プロバスケットボールNBAの2017~18年シーズンの開幕戦が17日(日本時間18日)、火蓋を切った。その1週間前の10日(日本時間)、IT大手の楽天が今シーズンからNBAの試合の包括的かつ独占的なライブ放映・配信に関するパートナーシップ契約を締結したとの発表があった。期間は5年で、総額2億2500万ドル(約255億円)という。契約内容は、放送・配信事業にとどまらず、ネット通販サイト「楽天市場」でNBAのユニホームなど公式グッズを販売するマーケティング・パートナーとしての地位を確保するものでもあるようだ。

 狙いは試合動画配信

 楽天は昨年11月にサッカーのスペイン1部リーグの強豪、バルセロナと17~18年から4シーズンにわたり年間5500万ユーロ(約73億円)のスポンサー契約を結んだ。今年9月にはNBAの昨季王者のゴールデンステート・ウォリアーズと期間3年で総額6000万ドルに上るユニホーム・スポンサーシップを含む広範なパートナーシップ契約を締結した。プロスポーツを通じて世界でのブランドの浸透・確立と販路の拡充に注力している。

 NBAとのパートナーシップ契約の最大の狙いは、試合のライブ放映・配信にあり、動画配信サービス「楽天TV」の加入者を増やすための“キラーコンテンツ”と位置づけている。楽天TVは、今シーズンから「Rakuten NBA Special」という月額視聴サービスで、日本語の解説付きで毎週9試合配信する。

驚かされる「ビジネスの巨大化」と「映像送信技術の進歩」