【ハザードマップ】ニッシン/NK商事 2期連続増収も資金調達失敗響く (1/2ページ)

 ▼ニッシン ニッシンは10月10日、事業を停止し、大阪地裁堺支部への破産申請を弁護士に一任した。

 同社は1904年に創業したカーペット製造卸を主体とする老舗。有名ホテルや施設への納入実績は豊富で、「光彩」「AXTILE」といった自社ブランド製品を展開し、1980年3月期にはピークとなる50億1030万円の売上高を計上。実績と合わせて、一部製品はテレビ番組で紹介されるなど知名度も高かった。

 しかし、その後は競争激化による市況の悪化で売り上げは落ち込み、業容の縮小とともに利益も低迷した。過去の不動産投資による資金負担も重く資金繰りは厳しさを増していた。

 不動産の売却を進めて債務の圧縮を図ったが、抜本的な解決には至らず、今年1月にはノンバンクから資金調達を行うなど借入金への依存度はさらに高まっていた。2017年3月期は外国人観光客の増加によるホテル業界の新築・改装需要を取り込み、8億3739万円の売上高を計上した。だが、経費負担の増加を吸収できずに赤字となり、資金繰りはさらに逼迫(ひっぱく)。業況改善の見通しが立たず、事業継続を断念し今回の措置となった。

 ▼NK商事 NK商事(旧野海)と、関連のTM企画は10月6日、岡山地裁から破産開始の決定を受けた。

 NK商事は1963年に創業し、野海として設立。学生衣料を販売していたが、99年頃から付加価値の高い紳士コートの販売にシフトした。全国の百貨店に販路を構築し、2011年6月期には7億円の売上高を計上した。

今、あなたにオススメ
Recommended by