パーソルHD 信金と提携、神奈川県の中小支援 転職・求人サービス提供

神奈川県内の中小企業。景気回復に伴い人材不足が深刻化している
神奈川県内の中小企業。景気回復に伴い人材不足が深刻化している【拡大】

 総合人材サービスのパーソルホールディングス(HD)は、神奈川県内の中小企業支援に乗り出した。その一環として横浜信用金庫と提携。転職・求人サービスを提供することで、採用活動のサポートを行っていく。横浜市、横浜銀行との間では、「横浜ワークスタイルコンサルティングネットワークに関する協定」を締結。同市内の中小企業を対象に、多様で柔軟な働き方が創出される環境を整備する。

 人手不足が原因とする倒産件数が大幅に増えるなど、景気回復に伴って問題は深刻化している。中小企業はハローワークや知人のつてなどを活用して採用活動を進めるケースが多いが、大手に比べて苦戦を強いられている傾向が強く、神奈川県内の中小企業も同様の問題を抱えている。

 横浜信金との提携では、パーソルグループのパーソルキャリア(東京都千代田区)が運営する転職・求人サービス「MIIDAS(ミイダス)」を中心としたサービスを提供する。

 ミイダスは、転職希望者の適正年収を算出して条件に合致した求人をマッチングし、企業から面接が確約されたオファーが直接届く求人サービス。今回、半年間であれば36万円の利用料金で何人でも採用できる割安なシステムを導入し、中小企業でも利用しやすいようにした。

 ソリューション営業統括部の中野裕介シニアマネジャーは「多くの実績を残して他の地方金融機関に向けても展開していきたい」と話している。

 一方、横浜市、横浜銀行との協定では、3者が連携した上でコンサルティングを行っていく。

 具体的にはパーソルグループが横浜市役所内の相談窓口などを通じ、社会保険労務士らが多様で柔軟な働き方に関するコンサルティングを実施。横浜市は広報、普及・啓発に携わり、横浜銀行は企業開拓や導入後のフォローを受け持つ。