日本鋳造、合金で3D積層造形

 鋳鋼、鋳鉄品製造の日本鋳造は、熱膨張がほぼゼロの合金「LEX-ZERO」を使って3次元(3D)プリンターによる積層造形に成功した。これにより、内部構造が複雑な造形や、ワーク(加工対象物)の薄肉化や軽量化が可能になる。半導体や航空宇宙などの先端産業で使われる装置や機器などで、熱における膨張を極力起こさない素材のニーズが高まっているものの、鋳物では金型を作る必要があるため、複雑な形状の造形ができなかったり、短納期が難しいといった課題があった。