大京リフォーム、商談の誤差修正 VRで改修後の室内体験

バーチャルリフォームの利用イメージ
バーチャルリフォームの利用イメージ【拡大】

 大京リフォーム・デザイン(東京都渋谷区)は、顧客が思い描くリフォーム後の室内の様子を、コンピューターグラフィックス(CG)画像で作成し、仮想現実(VR)ゴーグルで確認できる新サービス「バーチャルリフォーム」の提供を開始した。

 リフォーム商談は「難易度の高い伝言ゲーム」に例えられる。このため想定していた空間とは異なり、施工側が負担して工事をやり直すケースもある。新サービスを活用すれば「初期の段階で修正し、イメージ通りのものが出来上がる」(豊田耕三社長)といい、余分なコストも大幅に抑制できる。

 バーチャルリフォームは自宅などをオーダーメードでリフォームしたいと考える顧客が対象。オーダーに沿ったイメージを最大3種類まで、プラン作成後に3営業日でCG画像を用意する。360度のパノラマ画像で閲覧でき、実際にリフォーム予定の室内に立ちVRゴーグルを使用すると、現状の部屋が一瞬でリフォーム後に変わるような感覚を体験できる。

 また、プランナーや工事店もリフォームイメージを共通認識できるため、品質管理の向上や業務の効率化につながる。

 同社のリフォーム受注実績はトイレなど水回りの工事を中心に年間5000件程度。今回のサービス対象となるような大型物件は約1000件に上る。