10月の新車販売台数、12カ月ぶり減 日産の無資格検査問題響く

日産自動車九州の立ち入り検査に入る国交省の検査官=1日午前、福岡県苅田町
日産自動車九州の立ち入り検査に入る国交省の検査官=1日午前、福岡県苅田町【拡大】

 日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が1日発表した10月の新車販売台数(軽自動車含む)は、前年同月比1.7%減の37万2470台だった。12カ月ぶりのマイナス。無資格検査問題で日産自動車が、国内向け車両の出荷と生産を止めたことが大きく響いた。

 登録車の販売は4.7%減の23万1563台で、3カ月ぶりに減少した。