ルネサスが中国にEV向け開発拠点

 ルネサスエレクトロニクスは31日、中国に電気自動車(EV)向け半導体の開発拠点を新設すると発表した。中国はEVやプラグインハイブリッド車(PHV)の普及に力を入れており、多数の新興メーカーも立地していることから現地に開発部門を置いてニーズを素早く取り込みたい考え。

 1日付で設立し、日本からの派遣を含む技術者約20人で構成する。車載半導体の開発や設計を手掛ける予定。ルネサスはこれまでも中国の自動車メーカーと共同開発を行っており、協業を加速させる狙いもある。

今、あなたにオススメ
Recommended by