京セラ、リョービの工具事業を買収

 京セラは31日、リョービの電動工具事業を取得する契約を締結したと発表した。京セラは経営多角化の一環として工具事業を強化しており、6月にも米工具大手の買収を発表している。アジアに販路を持つリョービの事業取得により、海外での販売拡大を狙う。

 取得額は明らかにしていないが、150億円前後とみられる。2018年1月にリョービが電動工具事業を分割して新会社「京セラインダストリアルツールズ」(広島県府中市)を設立し、京セラは新会社の株式の80%を取得する。従業員約1500人の雇用は継続する。

今、あなたにオススメ
Recommended by