【フロントランナー 地域金融】興能信用金庫の桶谷浩義部長代理(2) (2/2ページ)


【拡大】

 ファンドや補助金の申請だけでなく、公共事業の入札支援を行った経験もある。

 昨年、能登町が宇出津港に新設した水産物加工処理施設を管理・活用する事業者(指定管理者)を募ったときのこと。地元の漁業関係者と農業関係者が協力して設立した企業が、「入札に参加したいので力を貸してほしい」と興能信用金庫に協力を要請してきた。

 その背景には、宇出津では水揚げされた魚を地元で冷凍・加工できず、金沢などの専門業者に委託せざるを得ないという実情があった。なんとかしてこれを改め「地元の雇用確保や地場の魚の付加価値向上につなげたい」というのが、宇出津の漁業関係者に共通した願いだった。

 日頃からさまざまな企業と交渉し、事業計画策定の経験も豊富だったことから、初めに対応していた本部の専門担当者が桶谷さんに協力を依頼。連携して支援を担当することになった。

 外部機関に頼ることなく、施設を活用したビジネスプラン。すなわち一定以上の人員をそろえることで雇用を確保し、地元の魚介類を買い支えながら、加工した品を東京などの大都市圏に販売する事業計画を構築していった。

 そして入札の結果、指定管理者の指名を見事に勝ち取り、今年4月から稼働を開始。「積年の願いを実現できた」と地元関係者から大変感謝され、指定を受けた企業からは当座貸し越しの契約を獲得した。

                   ◇

 (編集協力)近代セールス kindai-sales.co.jp

今、あなたにオススメ
Recommended by