製薬大手4社の9月中間連結決算 武田は増益、第一三共など3社減益

 製薬大手4社の平成29年9月中間連結決算が1日、出そろった。主力薬の販売が好調の武田薬品工業は大幅増益となったが、新薬開発プロジェクトの中止などに伴う減損損失を計上したアステラス製薬と第一三共、研究開発投資がかさんだエーザイの3社は減益。

 通期予想はエーザイが据え置いたが、アステラス、第一三共が最終利益を下方修正、主力製品の好調が続くとする武田は上方修正した。