「現金お断り」飲食店 そのワケは

 ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」などを展開するロイヤルホールディングス(HD)は、クレジットカードか電子マネーだけで代金支払いを受け付ける飲食店を6日に東京都中央区にオープンする。少子高齢化で人手確保が難しくなる中、IT技術を活用し少人数で運営できるかや働き方改革につなげられるかどうかを調べ、将来の店舗運営に役立てる。

 新店舗の名称は「ギャザリングテーブルパントリー」で洋食を中心に提供する。店長らが担当する現金管理をなくし、レジ対応や売り上げ管理といった業務を効率化して接客の時間を増やす。

 来客はタブレット端末を使って注文し、スタッフが席に運ぶ決済用の機器を使って支払う。座席は約40で、ピーク時にはキッチンに2人、接客に3人の態勢で運営することを想定している。