アスクル、個人向け通販で食品発売 「中食」市場でシェア見込む

ロハコで発売する「ごはんのおとも」、「パン・パスタのおとも」試食会には25人の女性が参加した=1日、東京都江東区
ロハコで発売する「ごはんのおとも」、「パン・パスタのおとも」試食会には25人の女性が参加した=1日、東京都江東区【拡大】

 アスクルは2日、新米の季節に合わせて、レトルトカレーや漬物など米飯に合うオリジナル食品「ごはんのおとも」と、パンなどに合う「パン・パスタのおとも」の新商品計22点を発表した。個人向けネット通販「ロハコ」向けで、一部を除き同日に発売開始した。都市部の共働き女性らを主なターゲットに、調理済み食品を自宅で食べる「中食(なかしょく)」需要を見込む。

 伝統的製法や国産材料などにこだわる全国のメーカーとロハコが共同開発。ハウス食品のレトルトのバターチキンカレーは、顧客のアンケートをもとに一般的な甘口ではなく辛口に仕上げたほか、サバのみそ煮の缶詰は三陸沖で水揚げされた国産サバを使用している。

 アスクルの川島謙治事業部長は1日、「各社の熱い思いのこもった商品ばかり。ロハコという売り場を通して多くの方に召し上がってもらいたい」と話した。