トラックにもEVシフトの波 日本3社、米中攻勢に対抗 今後の課題は? (1/3ページ)

三菱ふそうトラック・バスが出展した世界初の量産EVトラック「eキャンター」=10月30日、東京都江東区
三菱ふそうトラック・バスが出展した世界初の量産EVトラック「eキャンター」=10月30日、東京都江東区【拡大】

 ガソリン車から電気自動車(EV)への転換を目指す「EVシフト」の波が、トラックにも押し寄せている。5日まで東京ビッグサイト(東京都江東区)で開かれた東京モーターショーで、商用車メーカー各社は走行中に温室効果ガスを排出せず排気音もないEVトラックをアピールした。今後、市街地の近距離配送を中心にEVの導入が進む見通しで、競争が激化しそうだ。

 新ブランド・モデル

 「数年以内にトラックとバスの全車種に電動化モデルを導入する」。10月25日、東京モーターショーの開幕に先立って報道陣に公開された三菱ふそうトラック・バスのブース。同社のマーク・リストセーヤ社長は、試作したEV大型トラックの運転席から登場し、電動化で先駆者となる決意を示した。

 同社は、電気商用車ブランド「E-FUSO」も発表。来年のEVトラックの販売比率は約1%となる見込みで、2022年をめどに25%に高める目標も掲げた。会場で注目を集めたのは、今夏、同社の川崎市とポルトガルの2工場で量産を始めたEV小型トラック「eキャンター」。親会社の独ダイムラーとモーターやバッテリーを共有し量産化した。車両総重量は7.5トンクラスで、1時間半の急速充電で航続距離は100キロ以上。国内ではセブン-イレブン・ジャパンとヤマト運輸がそれぞれ25台の導入を決め、11月以降、商品や宅配便の配送用として順次配備する。

EV普及への課題